• トップページ
  • ごあいさつ
  • 結核とは
  • 検診
  • 活動
  • 組織案内
  • リンク

お知らせ

子宮頸がんって・・・

 

先日、子宮頸がんのワクチンによる副反応が報告されている事を受けて、

厚生労働省は、接種勧奨を一時中止することを発表しました。

子宮頸がんってどんな病気なんでしょう・・・今一度、確認!!

 

●子宮頸がんは、乳がんに次いで、若い女性に2番目に多いがんです。               
 子宮頸がんは、女性の子宮の入り口部分(子宮頸部)にできる「がん」です。
 若い女性(20~39歳)がかかる「がん」の中では乳がんに次いで多く、女性の100人に1人が生涯のいずれかの時点で、子宮頸がんにかかると言われています。年間9,000人近くの人が子宮頸がんにかかり、2,700人もの人が亡くなっています。
 

●子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こるがんです。
  ヒトパピローマウイルス(HPV)には、100種類以上のタイプ(型)があり、そのうち、子宮頸がんの発生に関わるタイプは「高リスク型HPV」とよばれています。主に性行為によって感染します。海外では、性活動を行う女性の50%以上が、生涯に一度は感染するといわれ、感染しても多くは自然に排出されます。

 ●ワクチン接種をした方も20歳になったら子宮頸がん検診を受けることが大切です。
  子宮頸がん予防ワクチンは子宮頸がんの原因となる全てのヒトパピローマウイルス(HPV)に予防効果がある訳ではありません。ワクチン接種をした方も、20歳になったら必ず2年に1度の子宮頸がん検診を受けましょう。定期的に検診を受ければ、がんになる過程の異常(異形成)やごく早期のがんの段階で発見できることが多く、経過観察や負担の少ない治療で済むことも多いのです。

 

ワクチンの接種後も、20歳以上の方は、検診を受けることが有効なんですね。

当会では、静岡市内の方を対象に、検診車巡回による『子宮頸がん検診』を行っています。

当会の子宮頸がん検診車の名前は、『オリーブ号』。

平成24年度にお目見えしたキレイでカワイイ検診車ですよ。

ぜひぜひ、受診を検討なさってくださいね!!

お問合せ先  ⇒ TEL 054-261-2512

 

プライバシーポリシーサイトについて